アリコジャパンのガン保険で節約と見直し

 

↓アリコジャパンと他社の保険の見積りを無料で比較できます↓

保険モール/医療保険

アリコジャパンのガン保険で節約と見直し

アリコジャパンのがん保険は、保険料を安く抑えられる基本コース、診断給付金を充実させたプラン、さらに入院給付金も充実させたプランと3つのプランから選択できるようになっています。

まず、アリコジャパンのがん保険の基本保障をチェックしてみましょう。まず多くのがん保険に共通しているのですが、責任開始日(保険期間の始期)から91日目以降のがん診断が保険の対象となります。

がん診断給付金は、通常のがんの場合で1回のみの支給で、上皮内新生物の場合は2年に1回を限度に何度でも支給されます。基本コース(Eプラン)では悪性新生物診断給付金は50万、上皮内新生物診断給付金が25万円で、充実コースのFプランGプランでは100万円〜50万円が支給されます。

入院給付は無制限で、Gプランで2万円、E・Fプランは1万円です。手術給付金もプランにかかわらず何度でも支給されます。また退院後の通院保障も各プランで、入院日額と同額が支給されます。

なお、アリコジャパンのがん保険では、がんを直接の原因として余命6ヶ月と診断された場合、またがんを直接の原因として高度障害状態になった場合、そしてがんで死亡された場合、いずれか1回のみそれぞれの保険金が支給されます。金額はGプランが100万円で、E・Fプランで50万円です。

基本保障だけでは、先進医療にかかる資金に備える部分が不足しますので、まとまった一時金が支給されるプランも検討しておいたほうがよいでしょう。なおアリコのがん保険には、女性のためのがん保険「わたしのがん保険」もあります。


↓アリコジャパンと他社の保険の見積りを無料で比較できます↓

保険モール/医療保険