ガン保険の選び方

 

↓複数社のガン保険の見積りを無料で比較できます↓

保険モール/医療保険

がん保険の選び方

がん保険は、がんと診断されたときに一時金が支給され、がんによる入院や手術について給付金が支給される保険です。日本の死亡原因の1位でもあるがんという病気は、中高年の方だけではなく、若い方にも関心が強い病気であることから、保険商品としてもがん保険は注目され続けています。そんな関心度の高いがん保険ですが、その選び方のポイントとしてどのような点に注意すればよいでしょうか。

まずがん保険に加入する場合、終身型で加入するか定期型で加入するかを検討する必要があります。がんリスクは一生涯存在するものですから、できれば終身型でがんリスクに備えたいところですが、加入年齢によっては終身型のがん保険となると保険料もバカになりません。そのため何が何でも終身型のがん保険がベストだとも言い切れません。また定期型のメリットとして、保険料が低廉であることもあるのですが、がん保険の場合、医療技術の向上を背景に保証内容も、その医療技術に合わせて更新されていく傾向があります。つまり定期型のがん保険は10年定期が一般的ですが、10年前のがん保険の保証内容と最近のがん保険の保証内容では、大きく事情が変わっている場合もあると言うことです。

こういった点も考慮して、更新後の保険料が高くなることを考えても、定期型でがん保険に加入すると言うことも検討してみても良いのではないでしょうか。

また、その他の選び方のポイントとしては、医療費が高額になる先進医療に対応していること、自由診療に対する支給額が大きいものを比較検討することも大事です。そして次にくるがん保険の選び方のポイントとしては、がんと診断されただけで給付金が支給されるか、またがん診断給付が何度でも受け取れる保険かどうかもチェックしておきましょう。 また、がんと言っても初期の上皮内新生物を対象にしていないがん保険が多いなか、近年では上皮内新生物も保証対象にしているがん保険が増えてきています。できればどんながんにも対応しているがん保険を選ぶようにしておきたいところですね。


↓複数社のガン保険の見積りを無料で比較できます↓

保険モール/医療保険